【夢を諦める】フリーターが就活をする時のポイント

3 min 138 views
カカオ

カカオ

こんにちは、カカオです。

この記事では、夢を諦めて仕事を探す方に向けた記事です。

  • フリーターしながら夢を追っていた人
  • 無職で夢を追っていた人

上記の方々は仕事を探したほうがいいですね。

将来を考えると、やはり収入面やキャリアの面で不安ですから。

以下で詳しく解説します。

フリーターはバイトを辞めずに就活を

まずはフリーターの場合です。

夢を諦めたことでアルバイトを続ける理由もなくなったため、正社員を目指そうとすると思います。

その行動はオーケー。

ただ、すぐさまバイトを辞めないでください。

収入がゼロになると、焦って選択を見誤るかもしれないからです。

焦って変なブラック企業に就職してしまっては大変。精神を病んでしまいます。

「貯金があるから大丈夫!」

という方もいるかもしれませんが、貯金を崩しながらの生活は精神的にキツイのでオススメしません。

ニート(無職)はアルバイトからがベター

ニートの方の場合は、ひとまずアルバイトから始めてみるのがいいと思います。

理由は3つあります。

ニート(無職)バイトから始めたほうがいい3つの理由

  • 正社員に比べ仕事の難易度は軽め
  • 責任の重さも軽め
  • 働く時間もある程度は選べる

バイトにもよりますが、概ねこんな感じ(もし正社員と同等の働きを求められたら辞めたほうがいいです…)

僕もいくつかバイトしてきましたが、どこも正社員よりは楽でした。

いきなり就職活動するのもありですが、精神的に厳しいは覚悟しておいたほうがいいですね。

まずは社会に慣れたほうが無難だと思います。

バイト探しはネットで探せばオーケー。

マッハバイトなら採用されると「マッハボーナス」というお祝い金が最大1万円もらえるのでオススメです。

無職の方にとっては、バイトとはいえ勇気のいる最初の一歩。

その1歩を踏み出してすぐにお金をもらえれば、やる気も沸きますね。

公式サイト
カカオ

カカオ

あと普通に助かるよね。マッハボーナスは最低5,000円は保証されてとのことなんでありがたい。

ずっとフリーターを続けないほうがいい

でもずっとフリーターとしてバイトを続けるのはオススメしません。

理由はバイトしてる間にも年を取るからです。

就職活動をする上で、年齢は若いに越したことはありません。

具体的には35歳を超えると就活の難易度が上がる具合ですね。

「ずっとバイトじゃダメ?」

と思われるかもしれません。ただ後々のことを考えると正社員を目指したほうが安定します。

あくまでもバイトはいずれ就職するためのステップアップと考えてください。

カカオ

カカオ

長い目で見るとずっとフリーターは厳しい…

就職エージェントを利用しよう

「就活はいいけど何から手を付けていいか分からない……」

という方もいるのではないでしょうか。

会社探しから面接まで、不安なことが多過ぎますよね。

そういう方は、就活サービスを利用するのがオススメです。

就職エージェントを活用したほうがいい理由

就職エージェントは、利用者の就活をサポートしてくれます。

分からないことは質問できますし、足りない部分も指摘してくれる。

書類選考や面接の対策もバッチリ。

1人で就活していてはカバーしきれない部分を支えてくれるところがポイントですね。

就活なんて一生で何度もやるものじゃないので、知識なんてロクにないのが普通。気にする必要はありません。

とはいえ現実問題として就職しなくてはいけないのが厄介です。

そこで就活サービスの出番。彼らは就活のプロです。

カカオ

カカオ

1人で頑張るよりも、プロに頼ったほうが良い結果になると思うよ!

フリーターの就活もサポートしてくれる「第二新卒エージェント」

「でも就活サービスってフリーターでも利用できるの?」

と思われる方もいるかもしれません。

やはりフリーターだと受け付けてもらえないと思いますよね。

第二新卒エージェントなら20代のフリーターをサポートしてくれるとのこと。

第二新卒と既卒もカバーしてます。

大卒後に就職したものの、夢を追うために退職した20代の方も利用できますね。

第二新卒エージェントの良いところは大きく分けて以下の3つ。

  • 専任のアドバイザーが相談に乗ってくれる
  • 選考と面接対策をサポート
  • 厳選した求人のみを紹介
第二新卒エージェントは総じて「就活のことが何も分からなくて不安…」という方にピッタリだと思います。

そして何より重要なのが、これらのサービスが無料であること。

初期費用が何十万もかかるのでは利用しにくいですけど、無料ならハードルはグンと下がりますね。

それでもちょっと心配……という方は、無料相談を受けてみるのがオススメです。

公式サイトから簡単に登録して利用可能ですよ。

登録はこちら
カカオ

カカオ

疑問や心配ごとなどは相談前にリストアップしておくといいね!

関連記事