夢を諦めたくないのに断念しなきゃいけない時の考え方

2 min 128 views
カカオ

カカオ

こんにちは、カカオです。

こういう世の中ですので、

経済的な事情で夢を追っている場合ではなくなった…

という方もいらっしゃるかもしれません。

そうは言っても、簡単に断念できるほど軽い話ではありませんよね。

というワケでこの記事では、

夢を諦めたくないのに断念しなければならない方に向けて、気持ちを整理するための考え方を解説します。

夢を諦めたくないのに断念しなきゃいけない時の考え方

経済的な理由などで夢を追う状況ではなくなったときは、以下の2つの考え方で構えるのがおすすめです。

  • 「生き残ること」を最優先に考える
  • 「人生は暇つぶし」という考え方

1つずつ解説していきます。

まずは「生き残ること」を最優先に考える

当たり前過ぎて逆に忘れているかもしれません。

人生において何が最優先なのか。

それは「生き残ること」です。

衣食住をおろそかにしては、夢を追うことすら無理な話。

生きていなくては何も始まりません。

けれど生き残ることさえできれば、再び夢に向かって頑張れる可能性はあります。

ひとまず「生き残ること」を最優先に考えてみる。

そして何より、その選択をした自分を責めないことが大切。

当たり前の考え方をしているだけなので、自責の念にかられる必要はないからです。

「人生は暇つぶし」という考え方

突然ですが、人生に意味はあると思いますか?

おそらく

  • 意味はある
  • 意味はない
  • 意味は自分で作っていく

この三択になるのではないかと思います。

そして1番ネガティブに思えるのは「意味はない」ではないでしょうか。

無意味、という言葉はかなり強烈に否定される気がしますよね。

でも実は無意味って、ポジティブに受け取ることも可能です。

人生に意味はないという前提で、「人生は暇つぶし」と捉えるんです。

人生のあらゆる出来事が暇つぶしであると考えると、今起きているピンチすらも暇つぶしでしかない。

そう考えると、肩の力が抜けて楽になれます。

また「暇つぶしなんだし色々なことにチャレンジしてみるか」というアクティブな働きにも使える言い回しです。

もしかすると「人生は暇つぶし」という言い回しを聞いたことがある方もいるかもしれません。

僕はTwitterでとあるインフルエンサーの方がツイートされてるのと、とある書籍に書かれているのを見かけました。

いったい誰が最初に言い始めたのかは分かりません。

でもとても良い言葉だと僕は思います。

長い目で見ることが大事

どちらの考え方にも共通しているのが、長い目で見る、です。

特に今は、人生は80年、長いと100年続く時代です。

事情があって夢を諦めなければいけないのは辛いですよね。

でもひとまず生き残ることを優先して、機会を窺っていれば新たな可能性が開けるかもしれません。

また、いつも気を張っていては疲れてしまいます。

「人生は暇つぶし」と、気楽に構えることも大切です。

  • 生き残ること
  • 人生は暇つぶし

どちらの考え方も採用した二刀流でいくといいと思います。

スポンサー広告
カカオ

カカオ

写真家と小説家を諦めた男。
それでも人生を楽しんでいます。

カテゴリー:
関連記事